土層強度検査棒

斜面表層の安定性検討、盛土の強度測定など原位置での強度測定に


価格表・ご注文はこちらから

レンタルも可能です


【土層強度検査棒とは】

斜面の安定性調査をよりスムーズに定量的に行うために「独立行政法人土木研究所」によって開発された機器です。

対象地盤は、主として土質地盤で、場合により極めて軟質な岩盤まで計測可能です。 3つの方法で地盤を調べることが可能です。

  1. 土検棒(先端コーン付きの細いロッド)を人力で静的に 押し込むことにより土層強度や土層深を測定する方法
  2. 土検棒のハンドルをテンションゲー ジに換えて、同様に押し込むことにより貫入強度(土層検査棒独自の強度値)を求める方法
  3. 土検棒の 先端を羽付き貫入コーンに換えて、テンションゲージとトルクレンチを設置、押し込みと回転によって、 原位置の深度・含水状況での『粘着力』と『内部摩擦力』を求める方法

があります。

【特徴】

  •  3.5 kg程度と軽量なので、斜面や車や重機での搬入が困難な現場に最適です。
  •  計測にかかる時間が短く、計測地点間の移動がスムーズです。
  •  現場でせん断試験をすることにより、実際に近い地盤状態での試験結果が得られます。
  •  簡易な調査から定量的な調査まで、3つの方法で地盤を調べることが可能です。
  •  貫入強度計測セットにより計測した Ndk 値は、換算式により、N 値への換算が可能です。
  •  ロッドの延長ができるから、比較的深い深度の地盤の強度計測が可能です。
  •  少し固めの風化岩まで強度測定が可能です。

 

【計測方法】

土検棒の計測方法は用途に合わせて、以下の 3 つの方法があります。

1.土層厚を簡易に調べる。

→土検棒ロッドセット

2.貫入強度を計測する。

→貫入強度計測セット

3.地盤強度c、φを調べる。

→フルセット

 土検棒を地面に押し込む。

doken01
感覚的な地盤の強度や土層の粒度が推定できます。

テンションゲージを設置した土検棒を地面に押し込む。

doken02
土層検査棒独自の強度の値Ndk値が求められます。また、Ndk値は、換算式により、N値への換算が可能です。さまざまな条件を考慮した上での換算をお勧めいたします。

ロッドの先端に羽付き貫入コーンを設置、ハンドル部分にテンションゲージを設置、ロッドにトルクレンチをはめて、地面に押し込みながらトルクレンチを回す。

doken03
原位置の深度・含水状況での『粘着力(c)』と『内部摩擦力(φ)』をベーンコーンせん断試験により求めることができます。


 【土木研究所の資料】

土層強度検査棒による斜面の土層調査マニュアル(案):土木研究所資料 第4176号

土層深と土層強度の簡易測定技術による斜面崩壊危険箇所の抽出:土木技術資料45-1(2003)

 

 


PAGE TOP