住環境レポート

住環境情報レポート

住まいの安全や暮らしやすさ、財産としての将来性。こうした“手に入りにくい”情報を提供するのが「住環境情報レポート」です。
施工・販売業者からは独立した、地盤・環境・不動産の専門家が、案件毎に客観的な評価、コメントを致します。

image≪内容≫

  • 総合評価、コメント
  • 災害リスク情報
  • 大気環境、騒音、放射能のリスク
  • くらし情報
  • 生活圏の施設
  • 不動産の流通性
  • 地価公示

レポートのサンプルはこちら

住環境情報レポートの内容

災害リスク情報の内容

地震や台風が多い日本では、どこに住もうとも災害と無縁なところはありません。けれども、地形や地盤といった土地の特徴を知れば、どんな災害が起こりやすいかが分かります。
住環境情報レポートでは、全国で公開されている地形や地盤情報から、次のような災害の危険性を考慮し、その土地の総合的な災害リスクを評価します。

・がけ崩れ
・地すべり
・液状化
・不同沈下
・洪水
・火災

環境リスク情報の内容

これから生活を始める住まい周辺の環境についてしらべたいが、膨大なデータをどう読んだらよいかわからない。こういった声にお応えすべく、住環境情報レポートでは特に健康面に直結すると考えられる大気環境、騒音、放射線量に絞って国・行政のデータから読み込んだ結果を報告します。
また、合わせてくらし情報、生活圏の施設についてもレポートします。

不動産の流通性情報の内容

周辺地域の人口・世帯数及び地価公示の推移のほか、最近の不動産市場の推移及び将来の動向等を踏まえた内容について報告します。

 

サービス提供エリア

東京23区、神奈川県横浜市、神奈川県川崎市

(2016.4.1時点)

料金

1件 27,000円(税込)


住環境情報レポートは、地質・環境・不動産鑑定分野の専門会社である以下の4社で作成しています。

住環境情報レポートのオフィシャルページはこちら  (外部のサイトに飛びます)


PAGE TOP